廃車にするには多少のお金がかかる

車を廃車にする時というのは「古くなってもう誰も買い手がいないだろうな」「10万キロも乗っていたらもう売れないよね」「自動車販売店で下取ってもらえなかった」などという時ではないでしょうか。いざ廃車にしようと思っても「手続きも面倒くさそうだしお金もかかるんじゃないの?」と考えることと思います。

手続きは確かに面倒ですが、自分で全て手続きをする分にはお金はそこまではかかりません。だいたい廃車手続きでお金が必要なことといえば、車の引き取り費用、解体費用、自動車リサイクル料、抹消登録のための書類費用です。このうち車の引き取り費用は自分で解体業者へ持ち込めば無料ですが、レッカーなどを頼むと業者にもよりますが1万〜2万円くらいは見ておいた方が良さそうです。

解体費用はこれも業者によりますが1万〜2万円くらいのようです。ただ解体業者では再利用できる部品などは買い取ってもらえるので返って思わぬ収入にもなったりすることもあります。自動車リサイクル料については、2005年に自動車リサイクル法が施行され普通車で1万〜2万円くらいの料金がかかるようになりました。ですがこの自動車リサイクル法施行以降に購入、または車検を通した車ならその時に支払っているので再度支払うことはありません。あとは抹消登録のための書類作成費用ですが、実は100円〜350円くらいで済みます。ただ運輸局へ行ったり来たりの手続きが煩雑なだけなのでお金を節約したいという人は自分でする方が良いでしょう。